広尾の幼児教室の目的とは

幼少の頃から、先行して英語や数学、漢字などを勉強する子供達が増加しています。

その背景には、今後明るい未来が見えにくい日本の社会の中で生き残るためにより良い学校を出て社会的に高い地位の人間になって欲しいという親の願いがあります。先の見通しが立たない中で、勉強をしていればそれでよいという風潮は未だに存在しており、人手不足になった現代でも人間の優劣の判断を学歴で判別する企業は少なく有りません。そういった中で、幼稚園児からお受験させるという親が増加しており、子供に多額の資金を投入し塾や習い事をさせています。しかし、どれだけ親が熱心になっても成績が思うように伸びないという子供は少なく有りません。理由は、子供達がまだ勉強することに意義を見出せていないからです。

子供に何かをさせたいと考えたとき、大人の観点から押し付ける形で無理にさせることはあまりよくありません。子供は、物事に対して実にシンプルな物の見方をしており、自分が楽しいと感じるか興味があると思うかによって、するしないを決めてしまいます。広尾の幼児教室では、まず子供達に物や事に興味を持たせることから始めます。

あらゆることの仕組みをしることを楽しいと思う心を育むことは、他者より先に勉強をさせることよりずっと重要なことです。広尾の幼児教室では、自分で知りたいと思う心、解決する能力の下地を作り上げる教室となっています。何事も習慣化することでしか身につきませんが、こういった心もまた、幼少の頃に作り上げなければなりません。広尾の幼児教室のようなところは、今後も増加するでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *