広尾の幼児教室で取り組まれている小学校受験対策とは

小学校受験のコースがある広尾の幼児教室は、年少クラス、年中クラス、年長クラスの3つに分かれて指導を行っています。

広尾の幼児教室の年少クラスでは、ペーパー以外の取り組みを中心にカリキュラムを構成しているという特徴があります。なぜ年少クラスではペーパー以外の取り組みを中心に行っているかというと、年少の時期にしか育むことができないことが、ペーパー以外で数多くあるからです。授業では初めての子どもでも楽しく取り組めるような遊びやゲームを行い、家庭ではできない体験を行うことができます。

受験絵画制作では、好奇心を持って取り組める内容で指導していきます。クレヨンやハサミなど基本的な道具の使い方から塗る・切る・貼るといった取り組みも行うので、小学校受験に必要な巧緻性の能力を育むことが可能です。受験体操では、体を動かすことを好きになってもらえるように、発達段階に合わせたカリキュラムを実施しています。広尾の幼児教室の年中クラスでは学ぶ楽しさを体感するために、具体物を使って楽しみながら指導を行います。

具体物を使った指導によって、なぜそうなるのかなどの本質的な部分を理解することができるので、スムーズにペーパーへのカリキュラムに進むことができます。受験体操では年長クラスに向けた土台作りのために、基本的な体力や運動能力を身につけられる指導を行っています。どのような運動能力を身につけられるかというと、ケンケンやグー跳び、スキップなどです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *