英語を覚えるには幼児教育から

幼児教育は、子どもの学習能力を高めるためだけではなく、生きていくための他人とのコミュニケーション能力を養う場としても有効な手段です。

それとともに、子ども時代は言葉を覚える段階にありますので、英語を覚えやすい時期であることも事実です。このような子どもの成長期において、幼児教育の場に英語学習をプラスすることによって、義務教育の必須科目となっている英語を早く覚えることが可能になります。

子どもの成長期は物事を吸収しながら学習する能力に長けていますから、小学校に入る前の幼児教育から英語に触れさせますと、読み書きなどの文法もさることながら、英語を話すことにおいても苦手意識がなくなります。特に発音に関して言えば、幼児教育から学習させることで、大人になってもイントネーションが身に付くことがわかっています。これは、日本語を覚えるのと同時に英語の習得を目指すものですが、大人になってからではなく幼児の段階から学習することが、言語習得のプロセスとして有利なものと言えるからです。

ですから、将来的に英語を話せるように子どもを導くためには、早い時期からの学習プロセスが必要になってくるわけです。そのためには、幼児教育の一環として、英語学習を取り入れることが最適な方法となり得ます。実際に英語を身に付けるためには、子どもの学習能力が柔軟な時期に行うことが必要な条件になってきます。そのうえで、英会話などの具体的なコミュニケーションを実践することが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *