上手な幼児教育について

愛する我が子がどのように育つか楽しみであり、責任を感じるのが親です。

この子をどんな子に育てたいかと希望や夢を持つものです。特に幼児期は、可能性が無限大で、その後の人格形成やより良い人生のために多くのことを吸収し、身に着けていくこと土台を作る時期です。たくさんの経験の中でその能力の向上を仕向けてあげるのは親の役目でもあります。

幼児期の心や体が急成長していく時期は、今後の人生を左右すると言っても過言ではないくらい重要な時期なので、大切に日々を過ごすことが必要です。体験の中で物事を急激に吸収していける時期であるために、その環境や援助を整えるのは親や周りの大人たちの義務でもあります。その環境があることで、情緒、知能、社会性、運動神経などを身に着け、向上させ将来更に飛躍できるようになるのです。

ですから幼児教育はとても大切なものであり、それを無駄にすることなく引き出してあげることが大切です。子どもは好きな事や興味のあることに関しては、ものすごい集中力や記憶力を発揮します。遊びの延長として学習していくように仕向けていくことが上手な幼児教育と言えます。無理やり指導や教え込むことをするとそれが苦痛のあるものとして思い込んでしまい、苦手、拒否反応などを起こすこともあります。

脅威を持たせ、楽しいと思わせる工夫、環境つくりが幼児教育の第一歩となるのです。楽しいと思える入り方をすると、それをさらに発展する力、成功に持って行く力、切り開く力が自然とついてくるものなのです。
自由が丘の幼児教室のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *